保育士の求人の魅力として二つのことが挙げられますまず一つ目は様々な求人があるので自分のライフスタイルに応じた働き方が出来ることです。

従来、保育士の勤務先は保育所と児童養護施設といった入所型の児童福祉施設の2つがほとんどでした。
しかし近年は障害児を対象とした「放課後等デイサービス事業」が新設されその活躍の場が広がっています。

これからはBIGLOBEニュース情報が満載です。

また、保育所では早朝保育、延長保育、夜間保育などを実施する園が増加しているので、日勤勤務は難しくても、早朝のみの数時間というように短時間のアルバイトで働きたいという人のニーズをかなえることができます。


逆に、児童養護施設の分散化に伴う小規模化により宿直要員の需要が高まっています。

そのため管理宿直として入所児童が寝ている間だけの勤務を求めるアルバイトもあります。


これだと副業として資格を生かしながら働くこともできます。
このように様々な求人があるので自分のライフスタイルにあった働き方が可能です。

二つ目は自分の特性にあった職場で働けることです。


保育士の就労先は保育所といった通所型の施設と児童養護施設をはじめとした入所施設に分けられます。



保護者の就労により日中養育する人がいないため利用する保育所と児童虐待などにより家庭での養育が困難なため入所する施設とでは保育士が果たす役割は大きく異なります。



そこでどちらが自分にむいているのかも含めて、保育士の資格があれば自分の適性に応じた働き方ができます。