保育園は、0歳~未就学児(小学校入学前)の子どもたちを保育します。
この時期は多感で、大人が過ごす6年間よりも保育園の子どもたちは肉体的にも精神的にも大きく成長します。

保育士は子どもたちに合わせて保育を行う必要があるので、どの年齢の子どもたちの保育が最も向いているかという傾向をつかんでおくと良いでしょう。

例えば、0歳児はミルクをあげたり、抱いたりなどの保育が中心になります。

Girls Channelの情報はここで調べよう。

年長になれば鬼ごっこやお遊戯など、アクティブ行動に合わせて保育する必要が出てきます。

男性保育士の求人は多くはありませんが、年少~年長は体力がある子どもが多いので、向いていることが多いです。



逆に、育児をし終わって再復帰した保育士は、年少~年中組の体力にはついていけない可能性が高いので、乳児担当になるケースが多いです。

働き始めれば、何歳の子どもを担当したいということは決められませんが、保育実習では希望受け入れてくれる場合もあります。実習のときにはできるだけすべての年齢を経験しておくと良いです。自分が接しやすい年齢がわかってくると、自ずと子供達への公立的な接し方もわかるようになります。



まだ自分が若い年齢で求人するならば、積極的に色々な年齢の子ども達に関わっておくようにしましょう。


逆に、ある程度経験を積んで体力が衰えてきた人は、母性を生かして乳児を担当できるような職場を選んでみると良いでしょう。

自分の年齢に合わせて職場を選ぶということも大切です。