少子高齢化が長く続いていますが、待機児童はたくさんいるということが知られています。認可保育園の数が少ないためです。

また、保育士の数が不足しており、需要がかなりあるにもかかわらず、供給が少ないというのが大きな特徴です。

そのため、保育園からは保育士の求人が多数出されています。

そして、応募条件として保育士の資格を保有しているということを挙げているケースが多いです。有資格者でない場合には補助的な業務しか担当することができないためです。



有資格者であれば、小さな子どもの面倒を見て一緒に遊ぶなどすることができます。


そして求人に応募をする際には、有資格者であることを証明する書類の提出を求められることが多いです。

通常であれば資格の合格証を提示します。

今、話題の便利なマイナビニュースに関する特集が満載です。

また、他の保育園での勤務経験がある人の場合には、採用するにあたって優遇してもらえることもあります。

実務経験があれば、業務に就く際にスムーズに行くためです。

有資格者であっても実務経験がないと、細かな指導をしなければなりません。それが保育園側にとって負担になるため、他の保育園での勤務経験がある人が歓迎されるのです。



ただ、人手不足の業界であるため、実務経験がないという理由だけで採用を見送られてしまうケースはそれほど多くはありません。

実務経験のある人と比べて待遇に若干の差をつけられることが多いですが、無事に採用されるというケースがほとんどです。
そのため、安心して保育士の求人に応募することができます。